[Swift5]AirPrintでのテキストの扱い方

AirPrintではイメージとテキストをそれぞれ印刷できるようですが

LINEプリンターのように使いたかったのでテキスト印刷することにしました。(実際には印刷イメージができてから印刷)

UISimpleTextPrintFormatterを使って文字列を指定して印刷します。

この時フォントはUIFont.monospacedSystemFontを使って等幅フォントを指定しました。

この時アルファベット半角と全角漢字が混ざるのでどうしようかと考えました。

文字列中に全角と半角が混ざっていると印刷位置を合わせるのが非常に難しくなります。(位置合わせの方法を知らないので文字列を全部連結していくので汗)

そこで位置を合わせるために全て全角扱いになるように考慮しました。

全角の文字の幅は半角の1.5倍になるのでちょっと計算は大変ですけど(^^;)

新しいアプリを作り始めたよ

チャットランシーバー(CHATRANSCIEVER)もひと段落終えたので

新しいアプリの作成に入りました。

今度のアプリはカメラ&フォトのアプリです。

以前もフォタゴニスト(Photagonist)を作りましたが今回はちょっと違った方向からのイメージ操作アプリになる予定です。

期待しないで待っててください(汗)

Xcode11に新しくしたら

Xcodeをバージョン11にしました。

そしたらこれまで作っていたiPadアプリのビューが正しく表示されなくなりました。

具体的にはSafeAreaが小さくなってしまっているようです。

それに伴ってViewも小さくなっています。

色々調べるとSegueの設定の変更が必要だとわかりました。

Segueを選択しインスペクター(標準仕様なら右側のペイン)で

PresentationFull Screenにしたら全体表示になってくれました。

めでたしめでたし(^ ^)

Chatransciever(チャットランシーバー)がバージョンアップ

バージョン2になりました。

バージョン1からのバージョンアップの方は一度アプリケーションを削除してからもう一度ダウンロードしてください。

内部のDBを変更した為です。

本当ならそのままアップデートできるのですが、どうもマイグレーションが上手くいかない、その為です。

申し訳ありませんがよろしく願いします。

Chatransciever(チャットランシーバー)は簡単に言うとエアドロのようなアプリでメッセージと一緒に写真転送できるアプリです。

PTOPアプリCHATRANSCIVER(チャットランシーバー)が公開されました。

電波のないところでもiPhone同士でチャットや写真のやりとりができます。

地下鉄内やビルの地下、高いところで電波が届かないところなど。

しかも相手にIDなど知らせる必要はありません。ただ2台を近づけるだけでOKです。

是非使ってみて下さい。

将来はAndroid版も出す予定です(鋭意製作中)

ではよろしくお願いします。

アンドロイドでUSBデバッグモードにするには?

設定→ システム→開発者オプション→USBデバッグのスイッチをONにする。

開発者オプションが隠されている場合は、

設定→デバイス情報→ビルド番号を数回タップ→パスワードを入力画面でパスワードを入力 で出来るようになります。

ということで、これからアンドロイド端末の開発を始めたいと思います。うまくいくかなー