[Swift2]#pragma markの利用

これまでObject-Cでは

#pragma mark コメント

のようにしてセクション分けをして見やすくできました。

Swiftではそのままの形では使えないので以下のようにします。

//Mark: コメント

区切り線を入れたい場合は、

//Mark:- コメント

のように、コメントの前に”- “を入れます。(空白が大事です)

このようにするとコメントの前に区切り線が入ります

 

[Swift2]文字列の描画領域サイズの取得

簡単な関数にしてみました。

func getStringRectSize(str: String) -> CGSize {

let str = “STRING”
let nssString = str as NSString
let strSize: CGSize = nssString.sizeWithAttributes([NSFontAttributeName: UIFont.systemFontOfSize(CGFloat(14.0))])
print(“[\(strSize.width),\(strSize.height)]”)

return strSize

}

 

戻り値として、パラメータに指定した文字列に必要な領域のサイズがCGSizeとして返却されます。

 

 

[Swift2]CALayerでiPhone6Plusの時だけViewの角が丸くならない

先にコードを書きます。
@IBOutlet weak var iconImage: UIImageView!
override func viewDidLoad() {

super.viewDidLoad()

// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

iconImage.layer.masksToBounds = true
iconImage.layer.cornerRadius = 10.0

}

iconImage.layer.cornerRadius = 10.0

だけで

iconImage.layer.masksToBounds = true

を入れないと、なぜかiPhone6Plusだけ、角が丸くなりません。

他のiPhone5とかiPhone6はちゃんと丸くなるのにー。

ということで、この2行でどのiPhoneでもViewの角が丸くなるようです。